軽自動車を廃車にする方法

自賠責保険と重量税の返金

普通自動車を廃車にすると自動車税や自動車重量税、自賠責保険が還付されることがあります。

車検期間の残りや諸条件によって還付される金額などは異なりますが、廃車手続きをおこない、自動車税などの還付手続きをすることで、すでに支払っている税金が返金されます。

自動車税は廃車手続きをした翌月分から月割り計算で還付され、未払いがある場合は廃車手続きの月まで再計算された納付書が届きます。

ただし軽自動車の場合は年度の途中で廃車手続きをしても自動車税の還付はありません。

自動車重量税も廃車手続きによって還付される税金ですが、自動車重量税の還付は廃車にする自動車の残りの車検期間によって、還付されるかどうかも異なってきます。

廃車手続きをして自動車重量税が還付されるのは、車検有効期間の残りが1ヶ月以上の場合のみで、廃車手続きをする時点で車検の有効期間が1ヶ月未満の場合は還付されません。

同じく自賠責保険も残りの有効期間に応じて、支払い済の保険料が還付されます。

保険内容や保険会社、住んでいる地域などによって還付される金額などは異なりますが、自賠責保険の還付は廃車手続きをした日ではなく、保険会社に保険の解約手続きをした日を起算日として計算されるので、廃車手続きをおこなったらなるべく早く解約手続きを取るようにしましょう。

また自動車重量税と同じく、保険の有効期間が1ヶ月未満の場合は自賠責保険の還付がされません。

自動車税、自動車重量税、自賠責保険は自動車に乗ることがなくても所有しているだけで支払う義務がありますから、自動車に乗ることがないのであればなるべく早く廃車の手続きを進めた方が、ムダな出費を抑えることができるというわけですね。

廃車の手続きとは別にそれぞれ還付の手続きをしなくてはなりませんが、手続きの方法がわからない場合や手続きをしている時間がないという場合は、廃車の代行業者などに依頼して廃車手続きから還付手続きまで代行してもらうことも可能です。