軽自動車を廃車にする方法

ローンが残っている場合

事故などで自動車が破損して走行できなくなってしまった場合など、自動車を購入したときのローンが残っていても廃車にせざるを得ないということがあります。

ローンが残っていても廃車にすることはできますが、自動車の所有者名義がどうなっているかによって廃車手続きの進め方が異なります。

銀行などの金融機関でローンを組んだ場合は自動車の名義は使用する本人のものになっているので、特に登録や名義を変更することなく自由に廃車手続きをすることができます。

廃車手続きをおこなって自動車を廃車にすれば自賠責保険や自動車税の返還などがありますが、残った自動車のローンはそのままとなるので支払いを続けるか完済する必要があります。

自動車ディーラーが提携しているクレジット会社などでローンを組んでいる場合、自動車の名義はディーラーかクレジット会社のものになっています。

自動車の名義が本人のものではないので、名義変更をしない限りローンが完済していても自由に廃車にすることはできません。

ローンが完済している場合は、所有名義になっているディーラーやクレジット会社に連絡して名義変更すれば廃車手続きを進められますが、ローンが残っている場合はどうしたら良いのでしょうか。

どんな場合にせよ、まずはローンの残りを完済する必要があります。

ローンの残高がそれほど多くなく一気に返済することができるという場合は、ローンを終了させることで自動車の名義を本人の名義に変更することが可能になります。

ローンの完済方法についてはディーラーやクレジット会社で異なるので、名義となっているディーラーかクレジット会社に連絡してみましょう。

問題はローンの残高が多く、一度に完済するのが難しい場合です。

ローンが完済できなければ自動車の名義変更ができず、名義変更ができなければ自分の意思で廃車手続きを進めることができません。

完全にスクラップにしてしまうのではなく、長期間乗らなくなった自動車を一時的に廃車扱いにする「一時抹消登録」などの方法もあるので、まずは名義人になっているディーラーかクレジット会社に相談することから始めましょう。