軽自動車を廃車にする方法

車の所有者と名義が違う時

自動車を誰かから譲り受けたり、誰かに譲り渡す場合は、登録の変更をしない限り所有者と使用者が異なる状態になってしまいます。

所有者と使用者が違うと何かと面倒なことがおこりやすいため、自動車の譲渡があった場合はなるべく早く名義変更を済ませるべきですが、何かの事情があって名義変更できないまま廃車手続きをする場合は、通常の廃車手続きに必要な書類だけでは手続きを進めることができません。

普通自動車の場合、廃車手続きと同じく運輸支局で名義変更をすることができるので、廃車手続きと一緒に済ませることが可能です。

運輸支局で用意できる申請書などのほか、旧所有者の委任状、旧所有者の譲渡証明書、申請日から3ヶ月以内に発行された旧所有者の印鑑証明書が必要となります。

このほか、自動車を使用していて新しく所有者となる人の印鑑証明書、車庫証明書、住民票なども必要となり、旧所有者の書類と新所有者の書類の両方を揃えなければならないことになります。

家族や親戚など書類を用意してもらうのが比較的簡単な間柄ならそれほど問題がありませんが、なかなか会うことができない人の場合、書類の用意をお願いするのも大変になることがあるかもしれません。

また、所有者は変わっていなくても結婚などで苗字が変わっている場合も、早めに名義変更の手続きを取っておく必要があります。

苗字の変更だけなのか、転居も伴っているのかなどで戸籍抄本や謄本、戸籍附表といった必要になる書類も異なるので、名義変更が必要になるとわかっている場合には早めに確認しておきたいですね。

廃車手続きの申請に手数料がかかるように、名義変更の手続きにも手数料が必要となります。

廃車手続きと一緒に名義変更する場合は手数料を支払えるよう多めに料金を用意すれば良いわけですが、廃車手続きの時のわずらわしさを省くためにも、自動車の譲渡があった時点で早めに名義変更の手続きを済ませておくようにしましょう。