軽自動車を廃車にする方法

自動車税について

公道を走行できる状態の自動車を所有しているとかならず支払わなくてはいけないのが「自動車税」です。

たとえ運転していなくても自動車を所有していれば支払う義務が生じるので、自動車を廃車にすれば当然自動車税は払う必要がなくなります。

自動車税は毎年4月1日時点で所有している自動車の種類や排気量によって税額が決まり、普通自動車は排気量によって、軽自動車は自家用車や業務用車などによって自動車税がそれぞれ定められています。

どちらの場合も1年分の自動車税をまとめて払うことになっており、普通自動車の場合は廃車にすることで支払った自動車税が還付されるようになっています。

廃車手続きをすることで自動車税を支払う必要がなくなるため、申請した翌月以降の自動車税は月割りで還付されます。

そのため、乗らなくなってしまった自動車や動かなくなった自動車を所有しているよりも、多少の手間をかけて廃車手続きを取った方が、必要のない自動車税分の出費を抑えることができるというわけですね。

なお廃車手続きをすれば自動的に還付されるわけではないので、廃車手続きをおこなうときには忘れずに自動車税の還付手続きもおこなうようにしましょう。

ただ軽自動車の場合は普通自動車と違って、自動車税が月割りで還付されるシステムにはなっていません。

ですから春先や年度替わりで軽自動車の廃車を考えているという人は、3月までに廃車手続きを完了させることで、翌年の自動車税を払わなくても済むことになります。

4月に廃車手続きを取るとその年度分の自動車税を支払わなくてはならなくなるので注意しましょう。

どちらにしても長く乗る予定がなかったり、もう動かなくなってしまって修理をしないつもりの自動車がある場合は、早めに廃車手続きをおこなった方が節約になりますし、廃車となる自動車は解体されてリサイクルできるパーツや材料として再生されるので、お財布にも環境にも優しい手続きであると言えそうです。